富山の土木・建築会社 桜井建設株式会社

富山の土木・建築会社 桜井建設株式会社

会社案内

company profile

桜井建設の品質管理

品質方針について about quality policy

より確かな品質を追求し、
社会基盤の構築に貢献する

桜井建設では感謝の気持ちをもって社会に貢献し、社会的責任を果たすことが企業の責務であると考えています。
そしてお客様のプロジェクトを成功させ満足していただけるように、社員の意識向上に努めます。

  • 地元根ざした企業として、未来に向けて責任のある建造物を提供する
  • 適用される法令、規制要求事項を遵守し、お客様の要望する製品を提供する
  • 品質方針に従って品質目標を設定し、確実に実行する
  • 品質マネジメントシステムを確立し、実施、維持し、継続的に改善する

ISOについて

桜井建設では、ISO9001:2008 品質マネジメントシステムを取得しています。

ISO取得
桜井建設の安全への取り組み:現場の安全パトロール

安全への取り組み commitment to safety

建設現場で働く人々の
「安全」を第一に考える

桜井建設では、職場で働く人々の「人命」を最優先させることを第一に考え、健康で安全に働かれるよう、快適な職場環境づくりをすすめています。
また、現場での事故・災害を防ぐ事はもちろんのこと、建造物のユーザーである、皆さまに安全で安心できる生活環境を提供することも重要な使命と考え、本社と現場が一体となって安全・安心のための取り組みを行っています。

安全衛生方針

効果的な安全衛生活動を展開し、誰もが安全で心身ともに安心出来る職場環境を つくる。

労働安全衛生のPDCA
桜井建設は、「労働安全衛生マネジメントシステム」に準拠し、労働安全衛生管理を行っています。このシステムは、組織の安全衛生方針を明確にし、実施から達成、見直し、維持までのサイクルについて、体制や計画策定、手順などをマネジメントするものです。
桜井建設では、前年度の実績や状況をもとに必要に応じて安全衛生方針の見直しを行い、次年度の安全衛生目標と具体的な行動計画を策定するという「計画(Plan)− 実施(Do)− 評価(Check)− 改善(Action)」というサイクルにより、安全衛生水準の継続的な向上を目指しています。
現場のリスク回避
場ごとに予測される危険は異なります。桜井建設では、安全衛生方針に基づき現場毎の安全衛生計画を策定し、その計画に基づき安全衛生活動を実行しています。また、リスク回避の考えに基づき、「KY活動」や「ヒヤリハット活動」を実施し、毎日の活動の中で発見される変異や気付いたことなどへの対策を講じることで事故や災害を未然に防いでいます。
安全管理好事例の展開A
桜井建設では、毎年「安全大会」を協力会社も含めて実施し、安全意識の高揚に努めています。大会プログラムの中で、現場での事故や労働災害を未然に防止するための好事例や改善事例について報告してもらい、他の現場での安全管理に役立てています。
現場の安全パトロール
桜井建設では、経営者自らが安全な現場環境が整っているかを確認するため、社長による現場パトロールを行っています(4回/年)。また、部署の安全パトロール、安全衛生対策のための会議も毎月行っています。
健康経営
桜井建設では、社員が健康でいることは本人や家族にはもちろん、会社のためにも重要と考えています。社員一人ひとりが心身ともに健康であってはじめて仕事への活力が生まれ、良い仕事につながります。会社全体で健康経営に取り組む「健康企業宣言」をし、事業主のリーダーシップのもと、社員の健康づくりに取り組んでいます。
健康宣言証明書